ARTICLES

ブログ、コラム、イベント情報などの新着記事

Blog

「答え」ではなく「問い」をつくる|セミナー イベント

お盆も明け、少しは夏の暑さが和らいだように感じられますが、いかがお過ごしでしょうか?お盆休み中、私もこまごまと動き回っていましたが、ふと思い立って、知人に紹介してもらったセミナーに参加してきました。 イベントの詳細はこちら。 対話や学びが深まる問いの作り方講座 [プログラム コンセプト] ・場がフリーズせず...

Blog

8月第一回目、終わりました。|音楽 ワークショップ 8月

 8月8日の音楽ワークショップ「はらっぱ葉っぱ」が終わりました。 今回は夏休み中ということで、初めて小学生のお客さまを迎えてのワークショップでした。 0歳・1歳・2歳の子どもに対し(この中でも大変な差異がありますが)小学生が対象となると、全く違った能力が見え、ワークショップ展開の仕方も大きく様変わりします。...

Blog

声でソクラテス@声変わり(?)中。

引き続き、ボイストレーニングのお話。 声域を細かく分析したり、呼吸や身体の準備、口周りの筋肉の運動などが、より細かいレベルで始まりました。一口に「息」や「声」といっても多彩な運用の仕方があり、「歌う」と言う行為が繊細な筋肉のコントロールや、準備によって叶えられると言うことを、身をもって理解し始めています。 ...

Blog

魅力、一葉に。 @8月の音楽ワークショップ

次回、8月8日の音楽ワークショップを前に、再び図書館通いを進めています。今回のワークショップのテーマになるのは「葉っぱ」。 葉っぱと言えば「万葉集」に「葉書」など、ついつい私の大好物である「言葉」にまつわる意味合いで捉えてしまいそうになるのですが、ふと手に取った本を開いてみて、1枚の葉っぱの中に終わりのない...

Blog

「骨」は根っこ@「骨格」を考える

昨日の記事の流れから、身体を組み立てる「骨格によって言語体系が変わる」という体感を強めた本があったことを思い出しました。 大学時代に出会ったこの本 〈日本語はなぜ美しいのか〉(黒川伊保子 著 2007年)。 この中で、当時の私が一番よく覚えていた箇所を抜き出してみます。 例えば、アフリカ系や南米系の人たちの...

Blog

キャラクターの変容@「声」と「言葉」のモード

「歌」に親しく自分の声を通わせ始めて、例えば海外のミュージカル作品にひかれ、その歌詞を追いかけ、なんとかタイミングよく発音を当てはめられるように歌うと言うことに最近ハマっています。 留学中にも感じていたことですが、扱う言語が変わると自分の内側のモードまで切り替わる。例えば「英語」を例にとってみると、「英語」...

Blog

1ヶ月ターン@ブログ更新

ブログの更新が連続1ヵ月をようやく超えました。ぜーはーぜーはー。 所々穴が開きそうになったり、2日3日スキップしそうになってしまったり。後手に後出し後付け上等、それでも何とか続けてみる。所々で穴埋めもしつつ、やっと1ヶ月の記事が連なりました。 外に向けて自分の考えなり思いなりを整理し、発信し続けるというのは...